効率的治療に認知行動療法ノートは千葉の精神科、千葉駅前心療内科(メンタルクリニック)へ

ご予約はこちらから 千葉駅前心療内科の総合治療案内 カウンセリング治療の目的と必要性 こころとからだに着目するカウンセリング治療の例 からだの栄養状態改善でこころを治す治療 発達障害・ストレス疾患の神経トレーニング治療 ~ストレスに負けないメンタル力~ 短期集中治療~テキスト使用で効率的治療を~ うつパニックストレスのための微小電気刺激療法 メールカウンセリング(相談)、メールセカンドオピニオン 家族・夫婦問題のメール相談 子育て問題、育児問題メール相談 電話カウンセリング カウンセリングシステム~病状に応じた治療~
  • みなさまへのメッセージ
  • 当院の治療の流れ
  • 認知行動療法
  • 効率的治療に認知行動療法ノート
  • リワークカウンセリング~千葉駅前心療内科式リワークプログラム~
  • 女性のためのカウンセリング
  • 育児のストレスカウンセリング
  • さまざまな場面でのカウンセリング
  • ストレス対策治療
  • 催眠療法
  • 催眠療法の理解のために
  • 催眠療法の実際
  • 愛着障害とカウンセリング
  • おとなの発達障害
  • おとなの発達障害診断のプロセス
  • 人工知能搭載コンピュータによる発達障害検査
  • ADHDの検査について
  • アスペルガー症候群の検査 ~自閉症スペクトラムの診断~
  • HSP診断・発達障害検査~感覚過敏検査~
  • おとなの発達障害カウンセリング
  • おとなの発達障害とこころの知能指数
  • あがり症・社交不安障害とその治療
  • トラウマ治療
  • 自己理解を深める心理カウンセリング
  • ソンディテスト
  • 家族・夫婦間・親子・カップルカウンセリング
  • なぜ家族・夫婦・親子カウンセリングなのか?
  • 不登校・こどものこころの問題カウンセリング
  • 心理カウンセリング
  • 集団認知行動療法
  • 自宅で学べる認知行動療法DVD
  • うつ病Q&A
  • パニック障害
  • 主な対象疾患
  • 客観的ストレス度検査
  • うつ・パニック・トラウマの心理療法
  • うつ・パニック・トラウマのグループセラピー
  • 客観的性格検査
ブログ
携帯サイトはこちらから
千葉駅前心療内科監修 うつ病・パニック障害・ストレス カウンセリング治療専門サイト
当院からのお知らせ・現在の初診予約状況

患者の気持ち

千葉駅前心療内科 認知行動療法シンプルノート

考え(認知)を変え、
行動を変えて不安やうつ・ストレスにうまく対処しましょう。

当院では、認知行動療法をより構造的に、効率的に、行うためにテキストを作成しカウンセリングの場でそしてご自宅でセルフトレーニングができるよう、コンパクトなノートを導入しています。
このノートをつかって毎日コツコツと短時間でいいのでトレーニングすることでうつや不安、ストレスへ上手に対処できるようになることが目標となります。

認知行動療法とは


1. 認知(考え方)と行動を変えて困りごとを軽減

「認知」とは、物事に対する考え方や解釈のことです。例えば、仕事で失敗したとき、「自分を責める」ような考えが浮かぶことがあります。そのような考えに囚われるのではなく、別の上手い考え方がないかを見つけていくのが認知行動療法です。さらに、ネガティブな気持ちを少しでも改善させられるような、気晴らしなどの「行動」がないかも検討していきます。


2. 目標はセルフマネージメント

認知行動療法では、患者さん自身が、自らの考え方や行動を、状況に応じて適切に変えられるようなテクニックを身につけることを目標としています。
自らの考え方や行動を変えていき、症状による苦痛を緩和させるセルフマネージメントの方法を身につけてもらいます。


3. 考え方や行動の「微調整」を行う

ネガティブな考えや行動を180度変換して、ポジティブに変えるわけではありません。
無理にポジティブな考え方にしようとしても、大抵は上手くいきません。
ネガティブな考えを穏やかに「微調整」することで、ネガティブすぎない考え方を探していきましょう。


4. 毎日コツコツが大切

人の考え方や行動が一日で変わることは滅多にありません。
認知行動療法で行われるワーク(MP法やコラム法)を、毎日・コツコツ積み上げることで、柔軟な思考ができるようになります。「一人だと続かない」という場合は、カウンセラーと一緒にやっていきましょう。