心理テスト 心理療法プログラム|千葉駅前心療内科(メンタルクリニック)|鬱 パニック トラウマ

ご予約はこちらから 千葉駅前心療内科の総合治療案内 カウンセリング治療の目的と必要性 こころとからだに着目するカウンセリング治療の例 からだの栄養状態改善でこころを治す治療 発達障害・ストレス疾患の神経トレーニング治療 ~ストレスに負けないメンタル力~ 短期集中治療~テキスト使用で効率的治療を~ うつパニックストレスのための微小電気刺激療法 メールカウンセリング(相談)、メールセカンドオピニオン 家族・夫婦問題のメール相談 子育て問題、育児問題メール相談 電話カウンセリング カウンセリングシステム~病状に応じた治療~
  • みなさまへのメッセージ
  • 当院の治療の流れ
  • 認知行動療法
  • 効率的治療に認知行動療法ノート
  • リワークカウンセリング~千葉駅前心療内科式リワークプログラム~
  • 女性のためのカウンセリング
  • 育児のストレスカウンセリング
  • さまざまな場面でのカウンセリング
  • ストレス対策治療
  • 催眠療法
  • 催眠療法の理解のために
  • 催眠療法の実際
  • 愛着障害とカウンセリング
  • おとなの発達障害
  • 人工知能搭載コンピュータによる発達障害検査
  • ADHDの検査について
  • アスペルガー症候群の検査 ~自閉症スペクトラムの診断~
  • HSP診断・発達障害検査~感覚過敏検査~
  • おとなの発達障害カウンセリング
  • おとなの発達障害とこころの知能指数
  • あがり症・社交不安障害とその治療
  • トラウマ治療
  • 自己理解を深める心理カウンセリング
  • ソンディテスト
  • 家族・夫婦間・親子・カップルカウンセリング
  • なぜ家族・夫婦・親子カウンセリングなのか?
  • 不登校・こどものこころの問題カウンセリング
  • 心理カウンセリング
  • 集団認知行動療法
  • 自宅で学べる認知行動療法DVD
  • うつ病Q&A
  • パニック障害
  • 主な対象疾患
  • 客観的ストレス度検査
  • うつ・パニック・トラウマの心理療法
  • うつ・パニック・トラウマのグループセラピー
  • 客観的性格検査
ブログ
携帯サイトはこちらから
千葉駅前心療内科監修 うつ病・パニック障害・ストレス カウンセリング治療専門サイト
当院からのお知らせ・現在の初診予約状況

患者の気持ち
あなたにあう心理テスト・心理療法プログラム
物事の見方や考え方を変えたい・ネガティブ思考をやめたい方、
性格を変えたいとおもっている方

認知行動療法、認知行動療法DVD、集団認知行動療法、認知行動療法カウンセリングを用いたトレーニングプログラム。
当院ではメールカウンセリングシステムも導入し、認知行動療法のホームワークへの助言などもメールをつかってアドバイスすることが可能となっています。
メールカウンセリングシステムは当院ホームページにて詳細は記載しております。

対人関係で悩んでいる方、対人関係をなんとかしたい方、
対人関係の深層心理を知りたい方

心理カウンセリング、ソンディーテストを用いた対人関係の深層心理テスト実施。
コンピュータによる心理テスト実施により行動特性や性格傾向をみるテストを実施。

家族問題で悩んでいる方、夫婦関係で悩んでいる方、
親子関係やカップル関係で悩んでいる方

カップルカウンセリング、夫婦カウンセリングによる対人関係の調整を行います。

なんらかのトラウマ・心的外傷がある方のための治療は?

EMDR療法を行い、トラウマ治療をおこなっています。EMDRは眼球運動を用いた心理治療です。EMDRによりつらい記憶の軽減などをおこなっていきます。

パニック障害治療のための呼吸法トレーニング

パニック障害では呼吸法をつかってうまくパニック発作をコントロールすることでパニック発作を軽減することができるようになります。当院ではこの呼吸法のトレーニングをカウンセリングのなかでおこなっています。

うつ病の再発再燃の予防、おくすりを減らしたいとおもっている方

原因となっている心理的要因を分析することで、再発予防を検討していきます。心理カウンセリングや各種心理テスト(性格テスト)、ソンディテストなどを通じて対人関係の問題などを考えていきます。

大人の方で、自分は発達障害ではないかとおもい、
受診したい、検査をうけたいとおもっている方

当院ではスクリーニングテストを通した発達障害の可能性をまず検討、そして詳しい問診などを通してその可能性をさぐります。またその結果、発達障害が疑わしい場合はより詳細な心理検査を行い、その方(大人)の発達状態をみていきます。当院では大人の方を対象に発達障害の診断をすすめてまいります。

催眠療法をうけたいのですが?

基本的には不安障害、神経症などや身体疾患などの方にリラクゼーション、不安緊張の緩和などを無意識な状態にすることで、治療としておこなっていきます。一種のメンタルリハーサル・メンタルトレーニングとしても行うことなどしています。

こどものカウンセリング

当院ではこどもの発達障害の診断はおこなっていませんが、専門の医療機関ですでに発達障害と診断されているケースなどは治療としてのカウンセリングはお受けいたします。またこどものうつやパニックなどの一般的な疾患についてのカウンセリングはおこなっています。特殊な思春期疾患については専門医療機関へのご紹介とすることはあります。またこどものカウンセリングではその多くは親のカウンセリングも要することがありその場合は親子カウンセリングとなります。

摂食障害の治療は?

他の疾患と同様にカウンセリングを導入していきます。また過食には一定の薬物療法の効果を認めることが多く、薬物療法と併用しながら、心理的要因の治療を行っています。認知行動療法も有効な治療法のひとつです。当院も認知行動療法も導入したりしています。

鍵のあけしめの確認をしてしまう、物事をいろいろと確認してしまう、
不潔恐怖がありなんども手を洗うなどの強迫性障害の治療

一定の薬物療法の効果はありますがやはり認知行動療法を中心とした心理カウンセリングによるアプローチが重要であります。当院でも強迫性障害の認知行動療法に詳しい心理士が在籍しており積極的に認知行動療法を導入しています。

仕事を休職しなければいけない状態、ストレスにより心身ともに
調子が悪いなどのストレス性疾患、適応障害の治療

まずは休職を要する状態かどうかの判断します。無理をしてしまうのは病状の悪化につながります。病状悪化にならぬよう休養などを指示します。と同時にカウンセリングの導入などをはかり、ストレス対策を一緒に考えていきます。

ストレス対策、ストレスに強くなりたい

ストレスにどう対峙しているのか、そのストレス対処法について心理テストをおこなってまずは明らかにします。またカウンセリングを導入してストレス対策をその個人にあわせながら考えていきます。また当院ではヨガ療法やフラワーエッセンスなどを行い、リラクゼーション療法も随時開催しています。