ストレス対策治療は千葉駅前心療内科(メンタルクリニック)へ|精神科

ご予約はこちらから 千葉駅前心療内科の総合治療案内 カウンセリング治療の目的と必要性 こころとからだに着目するカウンセリング治療の例 からだの栄養状態改善でこころを治す治療 発達障害・ストレス疾患の神経トレーニング治療 ~ストレスに負けないメンタル力~ 短期集中治療~テキスト使用で効率的治療を~ うつパニックストレスのための微小電気刺激療法 メールカウンセリング(相談)、メールセカンドオピニオン 家族・夫婦問題のメール相談 子育て問題、育児問題メール相談 電話カウンセリング カウンセリングシステム~病状に応じた治療~
  • みなさまへのメッセージ
  • 当院の治療の流れ
  • 認知行動療法
  • 効率的治療に認知行動療法ノート
  • リワークカウンセリング~千葉駅前心療内科式リワークプログラム~
  • 女性のためのカウンセリング
  • 育児のストレスカウンセリング
  • さまざまな場面でのカウンセリング
  • ストレス対策治療
  • 催眠療法
  • 催眠療法の理解のために
  • 催眠療法の実際
  • 愛着障害とカウンセリング
  • おとなの発達障害
  • おとなの発達障害診断のプロセス
  • 人工知能搭載コンピュータによる発達障害検査
  • ADHDの検査について
  • アスペルガー症候群の検査 ~自閉症スペクトラムの診断~
  • HSP診断・発達障害検査~感覚過敏検査~
  • おとなの発達障害カウンセリング
  • おとなの発達障害とこころの知能指数
  • あがり症・社交不安障害とその治療
  • トラウマ治療
  • 自己理解を深める心理カウンセリング
  • ソンディテスト
  • 家族・夫婦間・親子・カップルカウンセリング
  • なぜ家族・夫婦・親子カウンセリングなのか?
  • 不登校・こどものこころの問題カウンセリング
  • 心理カウンセリング
  • 集団認知行動療法
  • 自宅で学べる認知行動療法DVD
  • うつ病Q&A
  • パニック障害
  • 主な対象疾患
  • 客観的ストレス度検査
  • うつ・パニック・トラウマの心理療法
  • うつ・パニック・トラウマのグループセラピー
  • 客観的性格検査
ブログ
携帯サイトはこちらから
千葉駅前心療内科監修 うつ病・パニック障害・ストレス カウンセリング治療専門サイト
当院からのお知らせ・現在の初診予約状況

患者の気持ち
ストレス対策治療
ストレスとなる出来事はだれにでもあることであります。しかしながらそのストレスへの対処の仕方をうまく行わないとストレス反応として心身の症状が出現します。
ストレス反応は個人の性格・行動特性や考え方(認知)によって異なります。
慢性化しますと社会生活に大きな支障をきたすことが多くあります。

ストレス症状としては
身体面:疲れやすい、頭痛、吐き気がある、動悸がある、食欲がない、不眠、下痢や便秘などがあるなど、

メンタル面では:不安、うつ、パニック、無気力となる、やる気がおきない、いらいらしてしまう、集中力がないなど・・・

ストレス対策治療

ではどうしたらストレスへのうまく対処していくか?これがストレス対策、ストレスマネジメントといいます。
ストレスは避けられないものですが、ストレスにうまく対処できるようすることこれがポイントとなりえるでしょう。

千葉駅前心療内科では
1 認知行動療法によるカウンセリング、集団認知行動療法
2 リラクゼーションセラピー(ヨガやアロマ)による不安や緊張の軽減
3 呼吸法や自律訓練法の導入によるストレス対策
4 心理カウンセリングにより共同でストレスマネジメントを検討していく
によるストレス治療を行っています

ストレス対策治療

うつ、パニック、不眠、などの症状に抵抗する力をつける

これは大事なことであります。
ただその前に自分自身がどのようにストレスに対処しているのか? を知ることは 最も重要なことでしょう。
ストレスの対処の仕方によってはうつパニック不安の症状をきたしやすくなるからです。

千葉駅前心療内科では
心理テストやストレス測定器などを使いストレス診断をおこなっています。
ストレス診断によりあなたのストレス対処特性の傾向がわかります

ストレス対策治療
  1. 計画型:問題対処にむけて慎重に、計画をたてるタイプ
  2. 対決型:自信がある人で問題に積極的に対処するタイプ
  3. 社会的支援模索型:他人や相談所などに支援を求めるタイプ
  4. 責任受容型:自分の行動を率直に自覚、反省するタイプ
  5. 自己コントロール型:自分の感情などを抑制する慎重なタイプ
  6. 逃避型:やけになってしまう。心理的ににげだしてしまうタイプ
  7. 離隔型:出来事を忘れる。問題を忘れるタイプ
  8. 肯定評価型:自己発見・自己啓発に向かうタイプ
仕事の休職とうつ、そしてリワーク支援
仕事のストレスといってもいろいろとあります。
職場の上司との関係、仕事の量の問題、仕事の内容・質の問題など。
個別により事情は異なり、その個別の事情やストレス要因にアプローチしていくリワーク支援を千葉駅前心療内科では行っています。

個別だけではなく集団での認知行動療法も当院では毎週行っており、個別治療→グループ治療に移行できるようになっておりそれぞれの病態にあわせて行っています。

職場の上司との関係

上司との関係がうまくいかない、上司から暴言をあびる、上司との考えが合わない
このようなことが多く認めます。

上司との関係が大きなストレスとなっているケースが多く認められます。
このような場合、いかにその上司と対応していくか、うまくかわしていくか、など考えていきますが、うつ状態によりなかなか考えられない状態に陥っていることもあります。

その場合、まずはうつ状態の治療が優先であります。
治療により改善をみたところでいろいろと話をして、解決策をかんがえていくほうが得策でしょう。

千葉駅前心療内科ではこういった仕事上の人間関係の悩み・ストレス、休職すべきか など、心理カウンセリングを行い、サポートしていきます。


仕事の量、内容などの問題

仕事の内容があわない、量がおおすぎてこまっている。
これらの場合、うまく会社の上司と相談をして、調整をしてもらう必要があります。
このようなストレスにて、やはりうつ状態となるケースは多くあります。
うつ状態があり、会社に行けないなどのこともあり、その場合は休養や休職を検討とします。

自分に合わない仕事であるのに頑張りすぎていませんか?
だれにも相談できずに頑張りすぎていませんか?

メンタルクリニックの役割は、この辺のところを冷静に適格に判断できるようにサポートしていくことにあります。

千葉駅前心療内科では心理カウンセリングにてこの辺の問題を扱い「気づいてもらう」ためのサポートをしています。


仕事のストレス、休職の判断、治療について

上記仕事のストレスによるうつ状態は多く、多くのケースでまずはうつ状態の治療を要します。
場合により仕事を休むことを提案することもあります。
また千葉駅前心療内科では心理カウンセリングもおこなっており、これにより悩まれていることをご相談する体制をとっており、有効な解決手段をみつける一助となるようにしたいものです。

千葉駅前心療内科は個別の事情、個別の仕事環境などはそれぞれが異なるわけであり、集団療法でのリワークではなく、個別のカウンセリングを通したリワーク支援を重視して行っています。
必要に応じてさまざまな心理検査などを行ったり、特殊な心理療法を行ったりしています。

たとえばトラウマがあればトラウマ治療であるEMDR
あるいは催眠療法
物事や考え方などをかえストレス対策を行う認知行動療法
などを行っています。

なお集団での認知行動療法は毎週行っています。

ストレスケア・タッピング(TFT)
千葉駅前心療内科ではストレスケアのひとつとして、カウンセリングのなかで、タッピングをもちいたセルフケアの方法を用いて一部行っています。 セルフケアのひとつとしてのタッピングについてご紹介します

TFTとは?

Thought Field =思考場
Therapy=療法

米国の心理学博士、臨床心理士であるロジャーキャラハン博士が1979年に発見し、発展させてきた心理療法。
問題について考えた時(特定の思考場にチューニング)に起きる不快感を、鍼のツボを指でタッピングするというシンプルな手順で、楽にさせる心理療法米国政府機関でエビデンスのある治療法として認められている。


<特長>

TFTの特長として、手順が簡単で、即効性があり(早くて数分)、不快なことに意識を向けること以外は非侵襲的であることが挙げられます。
ほかの心理療法との併用が可能で、副作用やリスクがほとんどないため、慣れればセルフケアとして自分で行うこともできます。

<対象>

TFTが応用できる分野はとても広く、例えば、不安、恐怖、依存的衝動、心的外傷(トラウマ)、怒り、罪悪感、強迫、パニック、自己破壊的状態、抑うつ、身体的疼痛、恥、能力の向上、イメージの困難さ、時差ぼけなどです。
手順が簡単な上に、効果が高く、即効性があり(早くて数分)、副作用がなく、セルフケアに使えるというユニークな特長があります。その上、赤ちゃんからお年寄りの方、動物まで行えます。

<方法>

身体症状のある箇所に意識を集中させたり、問題を頭に思い浮かべた状態で、苦痛の程度を10段階で評価します。
その後、決められた順序に従ってツボをタッピング(人差し指と中指に2本、または薬指を入れた3本で軽くトントンと数回たたく)し、苦痛の程度が2以下になるまでタッピングを繰り返します。
 
症状や問題によって、タッピングする箇所や手順が違うため、最初は専門家と一緒に行うことをお勧めします。