発達障害の認知機能検査|千葉市の心療内科 精神科 メンタルクリニックなら 千葉駅前心療内科

ご予約はこちらから 千葉駅前心療内科の総合治療案内 カウンセリング治療の目的と必要性 こころとからだに着目するカウンセリング治療の例 からだの栄養状態改善でこころを治す治療 発達障害・ストレス疾患の神経トレーニング治療 ~ストレスに負けないメンタル力~ 短期集中治療~テキスト使用で効率的治療を~ うつパニックストレスのための微小電気刺激療法 メールカウンセリング(相談)、メールセカンドオピニオン 家族・夫婦問題のメール相談 子育て問題、育児問題メール相談 電話カウンセリング カウンセリングシステム~病状に応じた治療~
  • みなさまへのメッセージ
  • 当院の治療の流れ
  • 認知行動療法
  • 効率的治療に認知行動療法ノート
  • うつなどによる休職・復職支援のための検査
  • リワークカウンセリング~千葉駅前心療内科式リワークプログラム~
  • 女性のためのカウンセリング
  • 育児のストレスカウンセリング
  • さまざまな場面でのカウンセリング
  • ストレス対策治療
  • 催眠療法
  • 催眠療法の理解のために
  • 催眠療法の実際
  • 愛着障害とカウンセリング
  • おとなの発達障害
  • 発達障害の認知機能検査
  • おとなの発達障害診断のプロセス
  • 人工知能搭載コンピュータによる発達障害検査
  • ADHDの検査について
  • アスペルガー症候群の検査 ~自閉症スペクトラムの診断~
  • HSP診断・発達障害検査~感覚過敏検査~
  • おとなの発達障害カウンセリング
  • おとなの発達障害とこころの知能指数
  • あがり症・社交不安障害とその治療
  • トラウマ治療
  • 自己理解を深める心理カウンセリング
  • ソンディテスト
  • 家族・夫婦間・親子・カップルカウンセリング
  • なぜ家族・夫婦・親子カウンセリングなのか?
  • 不登校・こどものこころの問題カウンセリング
  • 心理カウンセリング
  • 集団認知行動療法
  • 自宅で学べる認知行動療法DVD
  • うつ病Q&A
  • うつ病の検査(認知機能検査)
  • パニック障害
  • 主な対象疾患
  • 客観的ストレス度検査
  • うつ・パニック・トラウマの心理療法
  • うつ・パニック・トラウマのグループセラピー
  • 客観的性格検査
ブログ
携帯サイトはこちらから
千葉駅前心療内科監修 うつ病・パニック障害・ストレス カウンセリング治療専門サイト
当院からのお知らせ・現在の初診予約状況

患者の気持ち
おとなの発達障害の認知機能検査(脳機能検査)
認知機能とは

記憶、思考、理解、計算、判断力、注意力、などの知的な能力を指します

発達障害の認知機能障害

発達障害は本来発達すべき脳の機能の重要な部分が遅れて発達し 発達がアンバランスな状態になっている。
つまり認知機能に問題があると考えられています

自閉症スペクトラム障害における認知機能障害

■実行機能障害:

ある課題を与えられたときにそのルールに従い、情報をとりいれながら スイッチし、ある行動をとることを判断するといった一連の操作をさします。
自閉症スペクトラム障害ではこの機能に障害があるとされています

■注意機能障害:

社会的な記憶といって顔表情を記憶する、認知する能力に問題があるとされています
また2つ以上の作業を同時に作業することも苦手とされています

■対人認知、感情認知の障害:

自閉症スペクトラム障害では対人関係の問題があるとされていますが
これは他人の意図や性質をよみとる、理解することの障害であり
背景には表情の認知の問題もいわれています。

注意欠陥多動性障害(ADHD)における認知機能障害

ADHDでは「注意を持続することができない」「必要な大事なものをなくしてしまう」などの不注意、そして「じっとすわっていられない」「しゃべりすぎてしまう」などの多動性、「順番をまてない」「思いつきで行動してしまう」などの衝動性が指摘されています。これらと注意機能との関連、そして目的や計画をたてて筋道をたてて行動していくといった遂行機能障害などの認知機能との関連があるとされています。

■ADHDの注意障害:

ADHDの注意の障害としては、2つ以上の刺激に同時に注意をむける分配性の注意に障害があるといわれているのと、ひとつの物事に集中していたときにそれを一過性に中断をしては他の重要な情報に反応するといった注意の転換に問題があるとされています。

■ADHDの遂行機能障害:

上記注意機能をうまくつかいながら、ときには記憶の機能をつかいながら、目標をもって計画し、そして柔軟かつ計画性をもって行動していく能力の問題、つまり遂行機能障害あるとされています。

当院における発達障害の認知機能検査

当院では以下の内容の検査を行っています
当院の検査はコンピューターを用いて行っています

  • 言語・視覚記憶検査
  • 指たたきテスト(運動のスピード、微細な運動コントロール)
  • SDCテスト(符号と数字を合わせるテスト、情報処理能力、注意力など)
  • ストループテスト(注意機能、情報処理、実行機能、反応速度など)
  • 注意シフトテスト(図形を用いて行います。実行機能、情報処理速度など)
  • 持続処理テスト(注意の持続テスト)
  • 表情認知テスト(社会的な知能、認知、感情認知)
  • 論理思考テスト(論理的な思考能力) など。

認知機能検査をうけることにより、いまどんな脳の機能に課題があるのか
今後を考えたときにどのような方向性があるのか?などを知ることができます