集団認知行動療法(うつ・パニック・不安)は千葉駅前心療内科へ|精神科

ご予約はこちらから 千葉駅前心療内科の総合治療案内 カウンセリング治療の目的と必要性 こころとからだに着目するカウンセリング治療の例 からだの栄養状態改善でこころを治す治療 発達障害・ストレス疾患の神経トレーニング治療 ~ストレスに負けないメンタル力~ 短期集中治療~テキスト使用で効率的治療を~ うつパニックストレスのための微小電気刺激療法 メールカウンセリング(相談)、メールセカンドオピニオン 家族・夫婦問題のメール相談 子育て問題、育児問題メール相談 電話カウンセリング カウンセリングシステム~病状に応じた治療~
  • みなさまへのメッセージ
  • 当院の治療の流れ
  • 認知行動療法
  • 効率的治療に認知行動療法ノート
  • リワークカウンセリング~千葉駅前心療内科式リワークプログラム~
  • 女性のためのカウンセリング
  • 育児のストレスカウンセリング
  • さまざまな場面でのカウンセリング
  • ストレス対策治療
  • 催眠療法
  • 催眠療法の理解のために
  • 催眠療法の実際
  • 愛着障害とカウンセリング
  • おとなの発達障害
  • おとなの発達障害診断のプロセス
  • 人工知能搭載コンピュータによる発達障害検査
  • ADHDの検査について
  • アスペルガー症候群の検査 ~自閉症スペクトラムの診断~
  • HSP診断・発達障害検査~感覚過敏検査~
  • おとなの発達障害カウンセリング
  • おとなの発達障害とこころの知能指数
  • あがり症・社交不安障害とその治療
  • トラウマ治療
  • 自己理解を深める心理カウンセリング
  • ソンディテスト
  • 家族・夫婦間・親子・カップルカウンセリング
  • なぜ家族・夫婦・親子カウンセリングなのか?
  • 不登校・こどものこころの問題カウンセリング
  • 心理カウンセリング
  • 集団認知行動療法
  • 自宅で学べる認知行動療法DVD
  • うつ病Q&A
  • パニック障害
  • 主な対象疾患
  • 客観的ストレス度検査
  • うつ・パニック・トラウマの心理療法
  • うつ・パニック・トラウマのグループセラピー
  • 客観的性格検査
ブログ
携帯サイトはこちらから
千葉駅前心療内科監修 うつ病・パニック障害・ストレス カウンセリング治療専門サイト
当院からのお知らせ・現在の初診予約状況

患者の気持ち
うつ・パニック・不安のための集団認知行動療法

気分が晴れない、おちついていられない
どうしてもネガティブにかんがえてしまう
物事を前向きにとらえられない、
そんな自分とはサヨナラしましよう
物事の見方や考え方、そしてストレスの対処能力を向上されるための心理療法です。

千葉駅前心療内科では、うつパニック不安のための集団認知行動療法を
開催しています。

各回、集中講座として全8回で行っています。

集団認知行動療法で認知行動療法の理論をつかみ、実践の日常生活で応用できるようになりませんか?

集団認知行動療法

悩んでいる時は、問題がつい大きく見えてしまうものです。
また、どうやって問題に取り組めばいいのかわからない、と感じることもあるでしょう。そんな時、ちょっと視点を変えるだけで解決の糸口が見えてきたりします。

問題に向き合う力は、外に探さなくても、すでにあなた自身が持っています。
必要なのはそのことに気づき、どのように使っていくかなのです。

このような時期だからこそ、問題に向き合うことに意味があります。
そして問題を通してあなたの大切な価値感に気づくでしょう。
それはあなたをより豊かな人生に導いてくれます。

グループでやるのはちょっと…という方。そんな方にもおすすめです。
人の多様な価値観、やさしさに触れるチャンスです。
人との関わりで傷つくこともあれば、人によって癒されることも人生です。
安心できる空間で、あなたの様々な可能性に気づいて下さい。

内容

マインドフルネス・認知再構成法(コラム法)行動活性化・アサーション・問題解決法…
など様々な技法をご紹介します。
またメンバーの方の構成に合わせて、内容を変えていきます。

♪ 参加ご希望の方は、受付までお気軽にお問い合わせ下さい♪
多くの方が認知行動療法は初めてですので、安心してご参加頂けます。
いつでも途中参加可能です。

日時:毎週金曜日 15時より開催
担当:臨床心理士 須合 俊哉

~うつやパニック、不安のための集団認知行動療法~

千葉駅前心療内科では、集団認知行動療法を毎週行っています。
集団認知行動療法では集団で行うことで集団療法のよさであるグループによる集団的な心性を利用し、うつやパニック、不安症状の改善のために毎回テーマを設定しおこなっています。
どんなことをおこなっているのかの一部を紹介いたします。
テーマにそってさまざまな実験をおこなったり、場合によりディスカッションしたりと安全安心に集団療法をすすめています。

【テーマ】理想の自分の状態をイメージする

現在の状態になるのを妨げている考えをみつけました。
またそのような考え自体も自分にとってのメリットがあることを気づいてもらいました。
最後は理想の状態を達成したことを何度もイメージしてもらいどのように具体的にすすめていけばいいのか、体験してもらいました。
問題となる状況で冷静にそのことを分析しそこから自分が目指す状態へ歩むことができるかのかが課題でしょう。

【テーマ】認知再構成

自分がストレスを感じたできごとについて1つとりあげてもらい、他にどのような考え方、視点があるかについて考えてもらいました。
自分にとって効果的な質問方法についてはどのようなものがあるかについても考えてもらいました

今後の課題としては、自分がストレスを感じたときに広い視点をもつことができるかでしょう

【テーマ】エンプティチェア

自分の立場、相手の立場、客観的な立場にたってそれぞれ思っていることを言葉に出して伝えることを行いました。
自分以外の視点に気づき考え方の幅が広がることを体験してもらいました。

今後の課題としては、問題に行き詰って視野が狭くなったときにそのような広い視点にたてるかどうかがポイントかもしれません。

【テーマ】ケースフォームレーション

ストレスを感じた出来事を出来事、考え、感情、身体反応、行動にフォーマットを使って分類しました。
そのようにすることで自分のストレスを感じやすい状況なにが引き金になっているかを気づいてもらいました。

今後の課題としては、ストレス状況におかれたとき、あとでそのことを冷静に振り返ることができるかが課題でしょう。

【テーマ】行動活性化

うつ病を維持させてしまうパターンはなにか?

うつ病から回復するパターンとはなにか?

活動記録表をつけてもらい、行動と気分の関係についてきづいてもらうことを行いました。
この行動記録表をつけてもらい、いままでの趣味や好きなことを振り返ってもらい、どのように生活していけばこの状況からぬけることができるのかを考えてもらいました。

課題としては、日常生活の過ごし方を意識して自分が気分のよくなる行動を取り入れ続けることができるのか?

【テーマ】コミュニケーションのこつ

  • 1)ひとは自分のことを大切に扱っていた人に好感をいだく
  • 2)相手が安心感をあるようなコミュニケーションこころがける
  • 3)相手は自分と似ているひとを好きになる

などがあります。

3つのこつとして

  • *ミラーリング:姿勢、身振り、てぶりを似せる
  • *ペーシング:相手を話すスピード、声の大きさ、トーンなどを似せる
  • *バックトラッキング:相手の話したことを繰り返す

などがあります。

人と話すときにそれをおもいだせるか、これを実践していくことです。