千葉駅前心療内科|不安症状(不安症)の認知行動療法 ~回避行動と暴露療法~

当院からのお知らせ・現在の初診予約状況 ご予約はこちらから 千葉駅前心療内科チャンネル~メンタルトレーニングと当院治療の最新情報~ こころを癒すセルフケア動画 不安や緊張を自分で軽減するツールの紹介「こころを癒す!!セルフケア動画」 解説動画5分でわかる当院で行っている心理療法~ 3分でわかる当院の代替療法 ~お薬以外の治療戦略~ カウンセリングとはなにか?:動画解説 動画解説:夫婦カウンセリングの意義と方法について:動画解説 動画解説で徹底解説:ADHDの行動特徴について 動画解説で徹底解説:ASDの行動特徴について 動画解説:パニック障害の治療目標とはなにか? 動画解説:パニック障害の治療戦略 動画で徹底解説:こどものメンタルでみられる病態1 動画で徹底解説:こどものメンタルでみられる病態2 動画解説:マインドフルネス1 ~受け流す力を~ 動画解説:マインドフルネス2 ~受け流す力を~ 動画解説:マインドフルネス3:注意集中 ~自分の動きに注意をむける~ 動画解説:マインドフルネス4 ~考えを受け流す、雑念をふり払うこと~ 動画解説:マインドフルネス5 ~気分を受け流す:気分にとられない自分を~ 動画解説:マインドフルネス6 ~呼吸法を用いて気分や思考などを受け流す!!~ 5分でわかる動画解説:こどものカウンセリングについて 5分でわかる動画解説:おとなの発達障害ASDについて 5分でわかる動画解説:おとなの発達障害ADHDについて 動画解説 3分でわかるストレスに打ち勝つためのカウンセリングとは? 悩んでいるあなたへのメッセージ ~当院の集団認知行動療法の記録から~ EMDR治療について こどもへのEMDR治療 ~こどもの心理療法の新たな挑戦~ 当院は医師と心理士の協同治療です おとなの発達障害簡易チェックリスト~初診時に持参ください~ 千葉駅前心療内科の総合治療案内 こども・思春期によくみられる不安障害 ~カウンセリング実施中~ 不安症状(不安症)の認知行動療法 ~回避行動と暴露療法~ 不登校の要因になるこどもの病態について 千葉駅前心療内科の総合治療案内 カウンセリング治療の目的と必要性 アートセラピー、アーユルヴェーダ(代替医療:東洋医学) ストレスとトラウマの症状とカウンセリング こころとからだに着目するカウンセリング治療の例 不登校、ひきこもりに対するEMDR治療 発達障害・ストレス疾患の神経トレーニング治療 ~ストレスに負けないメンタル力~ メールカウンセリング(相談)、メールセカンドオピニオン 家族・夫婦問題のメール相談 子育て問題、育児問題メール相談 電話カウンセリング カウンセリングシステム~病状に応じた治療~
  • みなさまへのメッセージ
  • 当院の治療の流れ
  • 認知行動療法
  • うつなどによる休職・復職支援のための検査
  • リワークカウンセリング~千葉駅前心療内科式リワークプログラム~
  • 女性のためのカウンセリング
  • 不妊症のうつ・不安にカウンセリングを
  • 妊娠・産後うつのカウンセリング
  • 育児のストレスカウンセリング
  • さまざまな場面でのカウンセリング
  • ストレス対策治療
  • ストレスと自律神経、対処法
  • 催眠療法
  • 催眠療法の理解のために
  • 催眠療法の実際
  • 愛着障害とカウンセリング
  • おとなの発達障害
  • 発達障害の認知機能検査
  • おとなの発達障害診断のプロセス
  • 人工知能搭載コンピュータによる発達障害検査
  • ADHDの検査について
  • アスペルガー症候群の検査 ~自閉症スペクトラムの診断~
  • HSP診断・発達障害検査~感覚過敏検査~
  • おとなの発達障害カウンセリング
  • あがり症・社交不安障害とその治療
  • トラウマ 解離 リストカットのメカニズム
  • トラウマ治療
  • 自己理解を深める心理カウンセリング
  • 家族・夫婦間・親子・カップルカウンセリング
  • なぜ家族・夫婦・親子カウンセリングなのか?
  • 不登校・こどものこころの問題カウンセリング
  • 心理カウンセリング
  • 集団認知行動療法
  • 自宅で学べる認知行動療法DVD
  • うつ病Q&A
  • うつ病の検査(認知機能検査)
  • パニック障害
  • 主な対象疾患
  • 客観的ストレス度検査
  • うつ・パニック・トラウマの心理療法
  • うつ・パニック・トラウマのグループセラピー
  • 千葉駅前心療内科監修 うつ病・パニック障害・ストレス カウンセリング治療専門サイト

患者の気持ち

不安症状(不安症)の認知行動療法 ~回避行動と暴露療法~

1.回避や安全行動の悪循環(不安が維持されるメカニズム)

不安症の人は、不安な状況を回避したり、安全行動をすることによって対処しようとしています。回避とは、不安を経験しないようにするため、不安な状況を意図的に避けることです。この回避と少しにていますが、安全行動とは、不安を予防するための安全策をはること、不安をコントロールしようとすること、一時しのぎの解決策をおこなうことです。

回避 安全行動
社交不安 発表を避ける
人前にでない
緊張しているのがバレないよう隠す行動
  • 赤面を隠すために下をむいて発表する
  • 過度なカンペを用意して発表する
  • 発表が早く終わるよう早口でしゃべる
  • 手の震えを抑えるため余計に力む
パニック症 電車に乗らない
床屋にいかない
一人で外出しない
パニック発作が起こらないようにするための安全策
  • 安定剤を胸ポケットにしまう
  • トイレのある車両にしか乗らない
  • 不快な身体反応を緩和するため水を飲む
強迫症 公衆トイレに行かない
外出しない
強迫行為
  • 過度な手洗いや洗浄行為
  • 過剰に施錠を確認する
  • 幸運を呼びこむゲン担ぎをする

上記のような回避や安全行動をおこなうと、一時的に安心できることがあるので、不安症の患者さんからすれば、回避や安全行動をすることが有効に思えてしまうことがあります。例えば、「回避や安全行動をしたから、最悪な事態をまぬがれた。もし回避や安全行動をしていなかったら、最悪な事態が起きていたに違いない」と考えてしまいます。しかし、これが落とし穴なのです。なぜなら、回避や安全行動をしなくても、「実際は何とかなる」、「最悪なことはおきない」という経験をすることができなくなり、長期的にみると、不安を避けようとする回避や安全行動がやめられず、不安が克服できなくなります。その結果、症状が維持されてしまうのです。


2.曝露療法

不安症の人は、不安な場面を過剰に避けてしまいがちです。「避ける」という対処をすれば、その場は何とかしのげて一安心です。しかし「避ける」という対処を続けてしまうと、その時は安心できるかもしれませんが、長い目でみると克服する機会が得られなくなり、苦手意識がなくならず不安が維持されてしまいます。不安という感情は大よそ20~30分でピークになるが、その後、不安はだんだんと自然に小さくなる。このような不安に慣れていく現象を「馴化(じゅんか)」といいます。曝露療法は、この馴化を応用した治療法です。
曝露療法では、治療者と患者さんが協働し、信頼関係を築きながら、不安な場面に挑戦する練習していきます。いきなり難しい課題にチャレンジするのではなく、「がんばれば何とかできるだろう」というレベルの課題から段階的にチャレンジする。例えるのなら、高いハシゴを一段ずつ上る練習をするようにやっていきます。
練習することで「最悪なことは起らない」という発見もあります。また、不安な状況を避けずとも、「案外大丈夫だった」「最悪なことは起こらなかった」という新たな発見をすることもあるでしょう。例えば強迫症でいうと、「過剰な手洗いや確認などの強迫行為をしなくても、結局何もトラブルがおこらなかった」という体験を、曝露療法をしながらできるとよいでしょう。