妊娠うつ、産後うつ、マタニティ・ブルーズなどのお悩みは千葉駅前心療内科(メンタルクリニック)へ

ご予約はこちらから 千葉駅前心療内科の総合治療案内 カウンセリング治療の目的と必要性 多面的性格評価検査実施中 ストレスとトラウマの症状とカウンセリング こころとからだに着目するカウンセリング治療の例 からだの栄養状態改善でこころを治す治療 発達障害・ストレス疾患の神経トレーニング治療 ~ストレスに負けないメンタル力~ 短期集中治療~テキスト使用で効率的治療を~ メールカウンセリング(相談)、メールセカンドオピニオン 家族・夫婦問題のメール相談 子育て問題、育児問題メール相談 電話カウンセリング カウンセリングシステム~病状に応じた治療~
  • みなさまへのメッセージ
  • 当院の治療の流れ
  • 認知行動療法
  • 効率的治療に認知行動療法ノート
  • 心理学的適職検査~復職転職準備~
  • うつなどによる休職・復職支援のための検査
  • リワークカウンセリング~千葉駅前心療内科式リワークプログラム~
  • 女性のためのカウンセリング
  • 不妊症のうつ・不安にカウンセリングを
  • 妊娠・産後うつのカウンセリング
  • 育児のストレスカウンセリング
  • さまざまな場面でのカウンセリング
  • ストレス対策治療
  • ストレスと自律神経、対処法
  • 催眠療法
  • 催眠療法の理解のために
  • 催眠療法の実際
  • 愛着障害とカウンセリング
  • おとなの発達障害
  • 発達障害の認知機能検査
  • おとなの発達障害診断のプロセス
  • 人工知能搭載コンピュータによる発達障害検査
  • ADHDの検査について
  • アスペルガー症候群の検査 ~自閉症スペクトラムの診断~
  • HSP診断・発達障害検査~感覚過敏検査~
  • おとなの発達障害カウンセリング
  • おとなの発達障害とこころの知能指数
  • あがり症・社交不安障害とその治療
  • トラウマ 解離 リストカットのメカニズム
  • トラウマ治療
  • 自己理解を深める心理カウンセリング
  • ソンディテスト
  • 家族・夫婦間・親子・カップルカウンセリング
  • なぜ家族・夫婦・親子カウンセリングなのか?
  • 不登校・こどものこころの問題カウンセリング
  • 心理カウンセリング
  • 集団認知行動療法
  • 自宅で学べる認知行動療法DVD
  • うつ病Q&A
  • うつ病の検査(認知機能検査)
  • パニック障害
  • 主な対象疾患
  • 客観的ストレス度検査
  • うつ・パニック・トラウマの心理療法
  • うつ・パニック・トラウマのグループセラピー
  • ブログ
  • 千葉駅前心療内科監修 うつ病・パニック障害・ストレス カウンセリング治療専門サイト

患者の気持ち

 妊娠うつ、産後うつ、マタニティ・ブルーズ

概要

日本における産後うつは調査によると10%前後ともいわれています。
産後うつにより新生児あるいは家族への影響は大きな影響があり
母親の希死念慮、こどもへの愛着の問題、こどもの虐待、などとも関連性があるとされています。
周産期の問題として多い妊娠うつ病、マタニティブルーズ、産後うつについて、ここでは説明したいとおもいます。

妊娠うつ病

妊娠中のうつ病の有病率は多いもので17.8%までにのぼるとされている調査もあります。
妊娠中のうつのリスクファクターとしては生活上のストレス、経済的な問題
うつ病の既往、サポートの不足などがあげられています。

産後うつ病

分娩後2,3週間から6か月の間に発症するといわれています。
症状が2週間以上続いた場合は産後うつ病の可能性があります。

産後うつのサインとは

  • 眠れない、食欲がないといっている
  • 笑顔が減り、ためいきばかりをこぼしている
  • 疲れたといって、疲労感を訴えている
  • 話し方が回りくどく、いいたいことが伝わらない
  • すべてに対してイライラしている
  • 子供がないていても無関心。不満をたえず訴えている
  • 「もうむりどうせ自分がわるい」などとネガティブなことばかりいっている
  • そばにいてほしいといったり、頻繁に不安を訴えるメールや電話

などをしてくる

マタニティ・ブルーズ

分娩後2-3日ごろから、おこることが多い。
25-50%におこるともいわれている。
気分が沈んだり、涙もろくなったり、不安や焦燥感が強くなったり気分がかわりやすくなったりする。
女性ホルモンの急激な変動によるものとおもわれ、1週間もすれば正常であれば軽快するものと言われる
しかしマタニティ・ブルーズを経験したひとは経験しなかった人に比較して産後うつ病になる率が4倍高いといわれており
注意を要するとおもわれる。

産後うつ病、妊娠うつ病とカウンセリング

育児への不安、そして家族関係の問題、とくに夫との関係などの心理的サポート、相談、心理的ストレス、などをこころの専門家である臨床心理士と相談することで対処していきませんか。
当院ではこころを上手に整理する各種心理療法を積極的に行っています。たとえば認知行動療法的なアプローチにより、うつや不安などの症状を軽減する治療法も行っています。
ストレスについて考え、うつになりやすい考え方を修正し、ストレスをためやすい行動の修正、上手なリラクゼーション法などを考えたりすることで上手に産後、育児ができるようにサポートをすることを考えていきます