暴露療法カウンセリングは千葉駅前心療内科(メンタルクリニック)

ご予約はこちらから 千葉駅前心療内科の総合治療案内 カウンセリング治療の目的と必要性 多面的性格評価検査実施中 ストレスとトラウマの症状とカウンセリング こころとからだに着目するカウンセリング治療の例 からだの栄養状態改善でこころを治す治療 発達障害・ストレス疾患の神経トレーニング治療 ~ストレスに負けないメンタル力~ 短期集中治療~テキスト使用で効率的治療を~ メールカウンセリング(相談)、メールセカンドオピニオン 家族・夫婦問題のメール相談 子育て問題、育児問題メール相談 電話カウンセリング カウンセリングシステム~病状に応じた治療~
  • みなさまへのメッセージ
  • 当院の治療の流れ
  • 認知行動療法
  • 効率的治療に認知行動療法ノート
  • 心理学的適職検査~復職転職準備~
  • うつなどによる休職・復職支援のための検査
  • リワークカウンセリング~千葉駅前心療内科式リワークプログラム~
  • 女性のためのカウンセリング
  • 不妊症のうつ・不安にカウンセリングを
  • 妊娠・産後うつのカウンセリング
  • 育児のストレスカウンセリング
  • さまざまな場面でのカウンセリング
  • ストレス対策治療
  • ストレスと自律神経、対処法
  • 催眠療法
  • 催眠療法の理解のために
  • 催眠療法の実際
  • 愛着障害とカウンセリング
  • おとなの発達障害
  • 発達障害の認知機能検査
  • おとなの発達障害診断のプロセス
  • 人工知能搭載コンピュータによる発達障害検査
  • ADHDの検査について
  • アスペルガー症候群の検査 ~自閉症スペクトラムの診断~
  • HSP診断・発達障害検査~感覚過敏検査~
  • おとなの発達障害カウンセリング
  • おとなの発達障害とこころの知能指数
  • あがり症・社交不安障害とその治療
  • トラウマ 解離 リストカットのメカニズム
  • トラウマ治療
  • 自己理解を深める心理カウンセリング
  • ソンディテスト
  • 家族・夫婦間・親子・カップルカウンセリング
  • なぜ家族・夫婦・親子カウンセリングなのか?
  • 不登校・こどものこころの問題カウンセリング
  • 心理カウンセリング
  • 集団認知行動療法
  • 自宅で学べる認知行動療法DVD
  • うつ病Q&A
  • うつ病の検査(認知機能検査)
  • パニック障害
  • 主な対象疾患
  • 客観的ストレス度検査
  • うつ・パニック・トラウマの心理療法
  • うつ・パニック・トラウマのグループセラピー
  • ブログ
  • 千葉駅前心療内科監修 うつ病・パニック障害・ストレス カウンセリング治療専門サイト

患者の気持ち

不安な場面になれる暴露療法についての解説

不安な場面に慣れる練習(曝露療法)について

今回は不安に慣れるための練習法である、曝露療法について説明します。

不安という感情は、避ければ避けるほど苦手になってしまいます。

不安障害と呼ばれる診断を持ってしまった人は、何かしらの不安な場面を過剰に避けてしまいがちになります。

勿論、健康な人でも不安な場面はできるだけ避けたいものです。

「避ける」が成功すれば、その場は何とかしのげて一安心でしょう。

しかし「避ける」を行い続けてしまうと、苦手意識がなくならず、不安が維持されてしまいます。

私は子どもの時、水泳がとても苦手で避けていました。

「プールの中で溺れて死んでしまうのではないか?」というネガティブすぎる考えも浮かんでいました。

プールから避けることで、何とか「その場しのぎ」をしていました。

しかし、以下のような練習を繰り返すことで、プールへの不安を克服することができました。

  1. 足がつく簡易プールを使って、少しずつ水に顔をつける練習から行い、水に浸かることの不安に慣れることを体験した。
  2. コーチと一緒に、信頼関係を築きながら、苦手なプールに挑戦することを続けた。
  3. 繰り返し練習することで、「息を止めれば溺れることはない。最悪、溺れそうになっても足が着くから、すぐ立ち上がれる。死ぬことはない。」という、前向きな考え方を学習した。

これは私が不安を克服した時の例です。

勿論、不安障害に悩んでいる人は、これよりも何十倍も辛い不安をお待ちだと思います。
しかし、不安に慣れるための練習(曝露療法)は、この例と良く似ています。例えば、以下の3点にあることを練習します。

  1. 簡単な場面から、少しずつ不安に慣れることを体験していく。
  2. カウセラーと一緒に、信頼関係を築きながら、不安な場面に挑戦する。
  3. 繰り返し練習することで、「最悪なことは、そうそう起らない」ということを学習する。

このような練習を行って、不安に少し慣れることを目指すのが曝露療法です、
不安に慣れるための練習は、容易ではありません。だからこそ、一人ではなくカウセラーと一緒に、少しずつ曝露にチャレンジして、不安に慣れることが大切です。
不安なことから避け続けることに疲れきってしまった方へ。
不安に慣れるための練習を、少しずつ、カウンセラーと一緒にやっていきませんか。