強迫性障害の治療は千葉駅前心療内科(メンタルクリニック)へ

当院からのお知らせ・現在の初診予約状況 ご予約はこちらから こころの専門家からの
動画メッセージ 千葉駅前心療内科チャンネル~メンタルトレーニングと当院治療の最新情報~ ブレインジム解説動画 ~身体のエクササイズからこころへのアプローチ~ こどもの発達(知能)検査:WISC 院長五十嵐による不登校の親のオンライン相談 女性心理士による育児問題相談、産後うつ相談 こころを癒すセルフケア動画 不安や緊張を自分で軽減するツールの紹介「こころを癒す!!セルフケア動画」 解説動画5分でわかる当院で行っている心理療法~ 動画解説:おとなの発達障害の診断には多面的問診や検査が必須である 3分でわかる当院の代替療法 ~お薬以外の治療戦略~ カウンセリングとはなにか?:動画解説 動画解説:夫婦カウンセリングの意義と方法について:動画解説 動画解説で徹底解説:ADHDの行動特徴について 動画解説で徹底解説:ASDの行動特徴について 動画解説:パニック障害の治療目標とはなにか? 動画解説:パニック障害の治療戦略 動画で徹底解説:こどものメンタルでみられる病態1 動画で徹底解説:こどものメンタルでみられる病態2 動画解説:マインドフルネス1 ~受け流す力を~ 動画解説:マインドフルネス2 ~受け流す力を~ 動画解説:マインドフルネス3:注意集中 ~自分の動きに注意をむける~ 動画解説:マインドフルネス4 ~考えを受け流す、雑念をふり払うこと~ 動画解説:マインドフルネス5 ~気分を受け流す:気分にとられない自分を~ 動画解説:マインドフルネス6 ~呼吸法を用いて気分や思考などを受け流す!!~ 5分でわかる動画解説:こどものカウンセリングについて 5分でわかる動画解説:おとなの発達障害ASDについて 5分でわかる動画解説:おとなの発達障害ADHDについて 動画解説 3分でわかるストレスに打ち勝つためのカウンセリングとは? 悩んでいるあなたへのメッセージ ~当院の集団認知行動療法の記録から~ EMDR治療について こどもへのEMDR治療 ~こどもの心理療法の新たな挑戦~ 当院は医師と心理士の協同治療です おとなの発達障害簡易チェックリスト~初診時に持参ください~ 千葉駅前心療内科の総合治療案内 こども・思春期によくみられる不安障害 ~カウンセリング実施中~ 不安症状(不安症)の認知行動療法 ~回避行動と暴露療法~ 不登校の要因になるこどもの病態について 千葉駅前心療内科の総合治療案内 カウンセリング治療の目的と必要性 アートセラピー、アーユルヴェーダ(代替医療:東洋医学) ストレスとトラウマの症状とカウンセリング こころとからだに着目するカウンセリング治療の例 不登校、ひきこもりに対するEMDR治療 発達障害・ストレス疾患の神経トレーニング治療 ~ストレスに負けないメンタル力~ カウンセリングシステム~病状に応じた治療~
  • みなさまへのメッセージ
  • 当院の治療の流れ
  • 認知行動療法
  • うつなどによる休職・復職支援のための検査
  • リワークカウンセリング~千葉駅前心療内科式リワークプログラム~
  • 女性のためのカウンセリング
  • 不妊症のうつ・不安にカウンセリングを
  • 妊娠・産後うつのカウンセリング
  • 育児のストレスカウンセリング
  • さまざまな場面でのカウンセリング
  • ストレス対策治療
  • ストレスと自律神経、対処法
  • 催眠療法
  • 催眠療法の理解のために
  • 催眠療法の実際
  • 愛着障害とカウンセリング
  • おとなの発達障害
  • 発達障害の認知機能検査
  • おとなの発達障害診断のプロセス
  • 人工知能搭載コンピュータによる発達障害検査
  • ADHDの検査について
  • アスペルガー症候群の検査 ~自閉症スペクトラムの診断~
  • HSP診断・発達障害検査~感覚過敏検査~
  • おとなの発達障害カウンセリング
  • あがり症・社交不安障害とその治療
  • トラウマ 解離 リストカットのメカニズム
  • トラウマ治療
  • 自己理解を深める心理カウンセリング
  • 家族・夫婦間・親子・カップルカウンセリング
  • なぜ家族・夫婦・親子カウンセリングなのか?
  • 不登校・こどものこころの問題カウンセリング
  • 心理カウンセリング
  • 集団認知行動療法
  • 自宅で学べる認知行動療法DVD
  • うつ病Q&A
  • うつ病の検査(認知機能検査)
  • パニック障害
  • 主な対象疾患
  • 客観的ストレス度検査
  • うつ・パニック・トラウマの心理療法
  • うつ・パニック・トラウマのグループセラピー

患者の気持ち

強迫性障害の症状尺度について

強迫性障害の重症度を客観的に測定する尺度を開発しました。

強迫性障害とは

  • 自分でもつまらないことだとわかっていても、その考え(強迫観念)が頭から離れない。
  • わかっていながら何度も同じ確認(強迫行為)をくりかえしてしまう。

これらの困りごとによって日常生活にも影響が出てきます。
たとえば、不潔に思えて過剰に手を洗う、戸締りなどを何度も確認せずにはいられないといったことがあります。

この度、強迫性障害の症状を客観的に測定するための質問紙「日本語版強迫性障害尺度」を翻訳し、BMC-Research Note という雑誌から出版しました。

「自分は強迫性障害かもしれない」
「自分の強迫性障害の重症度を知りたい」

という方は、ぜひ日本語版強迫性障害尺度の質問項目に回答してみて、重症度を測定してみませんか?

以下の項目は、多くの人が日常的に体験することです。過去1ヶ月を振り返り、これらの体験がどのくらい苦痛だったか、どのくらいあなたを悩ませたか、0から4点で評価し、回答してみてください。

1. 自分の意思に反して不快な考えが頭の中にうかび、私はその考えをとりのぞくことができない
2. 身体から出る分泌物 (汗、唾液、血液、尿など) に接触すると、自分の衣服が汚染されるかもしれない、何かしら自分の害になるかもしれないと私は思う
3. はじめから理解していたとしても、何度か繰り返し言ってもらうよう、私は他人に頼む
4. 私は強迫的に洗ったりきれいにしたりする
5. 自分が何か間違ったことをしなかったか確認するため、過去の出来事や会話、行動を、私は頭の中で思い返さなければならない
6. 私は邪魔になるほどたくさんのものを溜めてきた
7. 私は必要以上頻繁に物事を確認する
8. 病気や汚染を恐れるため、私は公衆トイレの使用を避けている
9. ドア、窓、引き出しなどを、私は繰り返し確認する
10. ガス栓や水道の蛇口を閉めた後、電気のスイッチを消した後で、私は繰り返し確認する
11. 私は必要でないものを収集する
12. 知らず知らずに誰かを傷つけてしまった、という考えが浮かぶ
13. 自分自身や他人を傷つけたいのかもしれない、という考えが浮かぶ
14. 物がきちんと整理されていないと、私は取り乱す
15. 私は特定の順序で服を着たり、脱いだり、自分の身体を洗ったりしなければならない気がする
16. 何かをしているときに、私は数を数えなければならない気がする
17. 恥ずかしいことや有害なことを衝動的にやってしまうのではないかと、私は心配している
18. いやな考えや気持ちを中和するため、私は祈らなければならない
19. 記入した用紙や文書などを私は確認し続ける
20. 万が一コントロールを失ったときのことを考え、ナイフやはさみ、その他のとがったものを見ると、私は動揺してしまう
21. 私は清潔であることを過剰に気にかける
22. 見知らぬ人や、特定の人が触ったと分かっているものに触れるのは難しい
23. 私は特定の順序で物を並べなければならない
24. 私は何度も何度も同じ事を繰り返すため、仕事に遅れが生じる
25. 私は特定の数字を繰り返さなければならない気がする
26. 何かを注意深くやった後でも、それがまだ終わっていないような気がする
27. 私はゴミ箱や汚いものに触るのが難しい
28. 私は、自分自身の考えをコントロールすることが難しい
29. 何度も何度もしっくりくるまで、私は物事を繰り返さなければならない
30. 自分の意思に反し頭のなかに入ってくる不快な考えに、私はうろたえてしまう
31. 寝る前、決まったことを決まったやり方で、私はやらなければならない
32. 誰にも危害を与えていないことを確認するために、私は元の場所に戻ることがある
33. しばしば嫌な考えが浮かび、私はそれを取り除くことが難しい
34. 後になって必要になるかもしれないと思い、私は物を捨てないようにしている
35. 自分で物事を整えたやり方を他人に変えられると、私はたまらなく感じる
36. 悪い考え、感情、行動をすっかり消し去るため、決まった言葉やフレーズを、私は頭の中で繰り返さなければならない気がする
37. 何かを自分がし終えた後にも、本当にやったのかという疑念が続いて止まない
38. 汚れた気がするというだけの理由で、私はときどき、自分自身を洗ったりきれいにしたりしなければならない
39. 私はよい数字と悪い数字があると感じる
40. 火事を起こしかねないものは何でも、私は繰り返し確認する
41. 何かを注意深くやったときでも、まだしっくりこない気がする
42. 私は必要以上なほど頻繁に、もしくは長く手を洗う

全ての項目に、0 = 全くなかった 1 = 少し 2 = 中程度に 3 = とても 4 = 非常に の4段階で評定してみてください。

評定が終わったら、全項目における評定得点を合計しましょう。

20点以下=強迫性障害とはいえない
30~40点=強迫性障害の可能性あり
40~50点=軽度の強迫性障害
60~90点=中程度以上の強迫性障害
100以上点=重度の強迫性障害


引用: Ishikawa, R., Kobori, O. and Shimizu, E. (2014). Development and validation of the Japanese version of the Obsessive-Compulsive Inventory. BMC Research Notes.