強迫性障害の治療は千葉駅前心療内科(メンタルクリニック)へ

当院からのお知らせ・現在の初診予約状況 ご予約はこちらから こころの専門家からの
動画メッセージ 千葉駅前心療内科チャンネル~メンタルトレーニングと当院治療の最新情報~ ブレインジム解説動画 ~身体のエクササイズからこころへのアプローチ~ こどもの発達(知能)検査:WISC 院長五十嵐による不登校の親のオンライン相談 女性心理士による育児問題相談、産後うつ相談 こころを癒すセルフケア動画 不安や緊張を自分で軽減するツールの紹介「こころを癒す!!セルフケア動画」 解説動画5分でわかる当院で行っている心理療法~ 動画解説:おとなの発達障害の診断には多面的問診や検査が必須である 3分でわかる当院の代替療法 ~お薬以外の治療戦略~ カウンセリングとはなにか?:動画解説 動画解説:夫婦カウンセリングの意義と方法について:動画解説 動画解説で徹底解説:ADHDの行動特徴について 動画解説で徹底解説:ASDの行動特徴について 動画解説:パニック障害の治療目標とはなにか? 動画解説:パニック障害の治療戦略 動画で徹底解説:こどものメンタルでみられる病態1 動画で徹底解説:こどものメンタルでみられる病態2 動画解説:マインドフルネス1 ~受け流す力を~ 動画解説:マインドフルネス2 ~受け流す力を~ 動画解説:マインドフルネス3:注意集中 ~自分の動きに注意をむける~ 動画解説:マインドフルネス4 ~考えを受け流す、雑念をふり払うこと~ 動画解説:マインドフルネス5 ~気分を受け流す:気分にとられない自分を~ 動画解説:マインドフルネス6 ~呼吸法を用いて気分や思考などを受け流す!!~ 5分でわかる動画解説:こどものカウンセリングについて 5分でわかる動画解説:おとなの発達障害ASDについて 5分でわかる動画解説:おとなの発達障害ADHDについて 動画解説 3分でわかるストレスに打ち勝つためのカウンセリングとは? 悩んでいるあなたへのメッセージ ~当院の集団認知行動療法の記録から~ EMDR治療について こどもへのEMDR治療 ~こどもの心理療法の新たな挑戦~ 当院は医師と心理士の協同治療です おとなの発達障害簡易チェックリスト~初診時に持参ください~ 千葉駅前心療内科の総合治療案内 こども・思春期によくみられる不安障害 ~カウンセリング実施中~ 不安症状(不安症)の認知行動療法 ~回避行動と暴露療法~ 不登校の要因になるこどもの病態について 千葉駅前心療内科の総合治療案内 カウンセリング治療の目的と必要性 アートセラピー、アーユルヴェーダ(代替医療:東洋医学) ストレスとトラウマの症状とカウンセリング こころとからだに着目するカウンセリング治療の例 不登校、ひきこもりに対するEMDR治療 発達障害・ストレス疾患の神経トレーニング治療 ~ストレスに負けないメンタル力~ カウンセリングシステム~病状に応じた治療~
  • みなさまへのメッセージ
  • 当院の治療の流れ
  • 認知行動療法
  • うつなどによる休職・復職支援のための検査
  • リワークカウンセリング~千葉駅前心療内科式リワークプログラム~
  • 女性のためのカウンセリング
  • 不妊症のうつ・不安にカウンセリングを
  • 妊娠・産後うつのカウンセリング
  • 育児のストレスカウンセリング
  • さまざまな場面でのカウンセリング
  • ストレス対策治療
  • ストレスと自律神経、対処法
  • 催眠療法
  • 催眠療法の理解のために
  • 催眠療法の実際
  • 愛着障害とカウンセリング
  • おとなの発達障害
  • 発達障害の認知機能検査
  • おとなの発達障害診断のプロセス
  • 人工知能搭載コンピュータによる発達障害検査
  • ADHDの検査について
  • アスペルガー症候群の検査 ~自閉症スペクトラムの診断~
  • HSP診断・発達障害検査~感覚過敏検査~
  • おとなの発達障害カウンセリング
  • あがり症・社交不安障害とその治療
  • トラウマ 解離 リストカットのメカニズム
  • トラウマ治療
  • 自己理解を深める心理カウンセリング
  • 家族・夫婦間・親子・カップルカウンセリング
  • なぜ家族・夫婦・親子カウンセリングなのか?
  • 不登校・こどものこころの問題カウンセリング
  • 心理カウンセリング
  • 集団認知行動療法
  • 自宅で学べる認知行動療法DVD
  • うつ病Q&A
  • うつ病の検査(認知機能検査)
  • パニック障害
  • 主な対象疾患
  • 客観的ストレス度検査
  • うつ・パニック・トラウマの心理療法
  • うつ・パニック・トラウマのグループセラピー

患者の気持ち

強迫性障害と曖昧さについて

曖昧さに耐えられない人へ ①

強迫症患者には、物事の真相を知りたいという強い欲求があり、不確かな状態に耐えるのが難しいということがよくあります。
例えば鍵をしめたか記憶が曖昧で、何度も確認しに家に戻ったりしてしまいます。
対人場面において、他人の気持ちは非常に曖昧なものです。そのため「自分の発言が相手を傷つけてしまったのでは?」という考えがうかび、相手が怒っているかどうか頭のなかですっと考えてしまいます。

曖昧な状況に耐えられず、確認をしたり、頭のなかでぐるぐると考えてしまう人へ、これからのブログではその対処法について説明します。


曖昧さに耐えられない人へ ②

まずは、「曖昧な状況なんて、当たり前なんだ」「完璧な真実にたどり着くなんて不可能なんだ」と考えられるようにしてみましょう。

科学者は、「世の中に絶対などない」ということを受け入れています。どんなに優れた科学的研究でも、絶対的な結果や完全な結果が主張されることはありません。学術誌の中には(Journal of Behavior Therapy & Experimental Psychiatry誌など)、研究の限界を開示するよう著者に求めているものもあります。科学者は95%くらい確実なことであれば、どんどん主張していきます。95%確実な現象であれば、それは正しいとみなされます。しかし、言うまでもなく、それは究極の真実とはみなされません。


曖昧さに耐えられない人へ ③

世の中には、曖昧なほうが良いこともあります。サプライズ・誕生日会など、「結果がすでにわかっていると意味がない」「結果が分からない方が楽しい」と思われる出来事を、たくさん考えてみましょう。例えば、人の気持ちだって、曖昧だからこそ対人関係はやっていけるのかもしれません。全ての人の気持ちが分かってしまったら、それは非常に大変なことでしょう。曖昧だからこそ良いこともある、そう考えてみましょう。


曖昧さに耐えられない人へ ④

人間のコミュニケーションは不雑です。電子メールの40%は、送信者の本来の意図とは異なる意味で受け取られているという研究もあります。文章に顔文字を加えれば、この問題は改善されるようですが、完全に解決できるわけではありません。
ですから、ちょっとしたきっかけで、結論に飛びつかないことが重要です。はっきりとした真のメッセージを演繹的に導きだすことは不可能です。曖昧なものは、曖昧なもの。それ以上は分からないし、分からなくて当然。